心地よい疲労。

ライフ
10 /16 2016
今年初の氷点下を旅館で迎え、7時過ぎにセル一発始動のセロー250で栗原川林道を目指す。延長40kmのダートを楽しみ、無事帰宅。昨日225km、今日250kmの480kmをトータル燃費37km/Lで完走。
エンジンのツキができてきたようで、昨日とは印象が一変。
ダートは足回りもエンジンもジェベルよりも軽く走れている感覚でカモシカ気分。スタンディングも膝とタンクの関係が良く安心。オンロードも腰が曲がる限界までのリーンアウトでいい感じ。高速道は実測表示ジェベルと、上振れ表示のセローで、どちらが楽か不確かだが、まぁセローに軍配だろう。
帰宅して水洗いしたが、次はいつ乗るだろうか?マイあがりバイク。

コメント

非公開コメント

ucci

50歳で脱サラして一人社長と
個人事業主の二足の草鞋。
職業とプライベートが一つになりイケイケ!


「充実・創造と穏・健康な40歳」
「骨幹感覚とダイナミズムの41歳」
「主体性と社会性の42歳」
「リーダーシップと被信頼感の43歳」
「成熟と自信の44歳」
「新しい門戸を拓く45歳」&
「期待に応える45歳」
「両立の46歳」
「何を為すか47歳」
「自制と自律の48歳」
「戦略的突破の49歳」
「道照らす50歳」
「新しい道標を創る51歳」
「打ち手を増やす52歳」
に次ぐ人生のテーマ。
「しくみづくりの53歳」