身の丈。

ライフ
12 /13 2020

「明日こそはSR!」と思いつつ数週間。今朝は3時過ぎ発で首都高で大井あたりまで行って東京ゲートブリッジを越えて、懐かしい永代通りを上り、神田橋から帰還の朝6時。
7℃は4℃に下がり、寒さたまらず富士そばでカレーライスを頂き身体を温めた。R100RSのフェアリング効果の有り難さが身にしみた。
帰宅してエンジンが冷えてからオイル交換。Webで見ており対策したが、想像以上の勢いに床を汚してしまった。でもまだ朝8時前。

午後はランチ後にマイオフィス経由で振替のギターレ。スーパーカブの遅さとまったり感は、SRの遅さとトルク感とはまた違う。しかし時に、リッターバイクのトルクと伸びが欲しくなるが、年甲斐ゆえ我慢しよう。いずれも身の丈だ。セローは全然火を入れておらず。来週以降に走ってみよう!

コメント

非公開コメント

ucci

50歳で脱サラして一人社長と
個人事業主の二足の草鞋。
職業とプライベートが一つになりイケイケ!


「充実・創造と穏・健康な40歳」
「骨幹感覚とダイナミズムの41歳」
「主体性と社会性の42歳」
「リーダーシップと被信頼感の43歳」
「成熟と自信の44歳」
「新しい門戸を拓く45歳」&
「期待に応える45歳」
「両立の46歳」
「何を為すか47歳」
「自制と自律の48歳」
「戦略的突破の49歳」
「道照らす50歳」
「新しい道標を創る51歳」
「打ち手を増やす52歳」
に次ぐ人生のテーマ。
「しくみづくりの53歳」