休暇⑤大自然と国境。


能取湖の朝は-16℃でエアコン設定30℃でも温まらず、早朝に石油ファンヒーターも使ってしまった。網走刑務所の脇の川の湯気で樹氷がキレイだったが、通勤ラッシュで撮影できず、残念。知床峠は冬期閉鎖なので斜里から標津に進路を取る。

標津に着くと国後島が見え始める。すぐそこのロシアに歴史を思い、故郷をなくした人を想う。

野付半島は行けるとことまで行ったが、ほんの20m幅の半島の北側はさざなみで、南側は氷結。海の上に出てみたところ、氷は分厚くところどころおクレバスの断面も分厚かった。穏やかな雪氷である。

そして納沙布岬まで行き着く。40年前にここにきた小3の自分を思い出す。「北方領土返せ、ソ連出て行け!」と叫んだのが先週のことのようだ。しかし、世界は変わってきたが、ここは変わらないな。

落石の蛍の嫁ぎ先を探したが見つからず、灯台にもアクセスできずで残念な時間だったが、落日を追うドライブは感傷的な景色だった。

さて投宿と思ったら、霧多布でマジックアワーのムーンライズで、パステルカラーの空に心奪われた。寒さを忘れてシャッターを切った。その後、丘の上の温泉に浸かり、丘の下で寿司をいただき投宿。ニュースを見ていたら一大事、今夜は皆既月食だそうである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ucci

Author:ucci
50歳で脱サラして一人社長と
個人事業主の二足の草鞋。
職業とプライベートが一つになりイケイケ!


「充実・創造と穏・健康な40歳」
「骨幹感覚とダイナミズムの41歳」
「主体性と社会性の42歳」
「リーダーシップと被信頼感の43歳」
「成熟と自信の44歳」
「新しい門戸を拓く45歳」&
「期待に応える45歳」
「両立の46歳」
「何を為すか47歳」
「自制と自律の48歳」
「戦略的突破の49歳」
「道照らす50歳」
「新しい道標を創る51歳」
「打ち手を増やす52歳」
に次ぐ人生のテーマ。
「しくみづくりの53歳」


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR