FC2ブログ

備忘録(アルトワークスHA36S)①

fc2blog_202104170850592bd.jpg
◆2021年2月登録で3/11納車。その後2週間であれこれ取り付けた後は街の足。
・ユピテルのドラレコ(前方)(ラパン、500からのお下がり)
・セルスターのミラー型GPSレーダー探知機(ラパン、500からのお下がり)
・スピーカーはパイオニアの17cmコアキシャル(騒々しい中で想像以上に良く鳴っている)。
・前ドアのデッドニング。
・センターコンソールにbBの電波時計とUSBポートと(何もつながっていない)スイッチ。
・メッキドアミラー。
・フォグランプのバルブをIPFのイエローバルブに交換。
・ボンネットフード裏、前席シート下に静音シート。
・バッテリーにホットイナヅマようなコンデンサ。
◆ノーマルとは思えない硬い足回りは低速走行では頭痛がしそうだが、レカロシートが思ったよりも柔らかく有難い。中速のコーナリングは姿勢変化なく本領発揮してくれる。高速の安定性もすこぶる高く軽自動車の速度域では不満ないが、もう少し車高が下がっていると高速道は尚楽になるだろう。サスペンションもそうだが、ポテンザが硬すぎるのではないかと思っている。
◆R06Aは吹け上がりよく6千rpmまであっという間の一方で、中回転のトルクが厚くて使いやすい実用的なエンジンである。AGSはフィアット500のデュアロジックに比べると遙かに使いやすく自然に乗れる。発進時のギクシャクは許容範囲だが、静かにアクセルを踏むクセが500譲りなのできっと長持ちするだろう。但し、MT操作時のギアシフト操作はストロークと堅さが上下で違うのが気にくわない。シフトアップは気持ちいいがシフトダウンは“するなよ”的な操作感である。それで走る燃費はレギュラーで15km/L(短い街乗り+ちょこっとドライブ)。高速中心で遠乗りしたら距離次第では20km/Lを超えるだろうが、踏み気味だとダメ。ターボの赤いインジケータを付けてはならないようだ。
fc2blog_20210417085125f30.jpg

コメント

非公開コメント

プロフィール

ucci

Author:ucci
50歳で脱サラして一人社長と
個人事業主の二足の草鞋。
職業とプライベートが一つになりイケイケ!


「充実・創造と穏・健康な40歳」
「骨幹感覚とダイナミズムの41歳」
「主体性と社会性の42歳」
「リーダーシップと被信頼感の43歳」
「成熟と自信の44歳」
「新しい門戸を拓く45歳」
⇒「期待に応える45歳」
「両立の46歳」
「何を為すか47歳」
「自制と自律の48歳」
「戦略的突破の49歳」
「道照らす50歳」
「新しい道標を創る51歳」
に次ぐ人生のテーマ。
「打ち手を増やす52歳」


最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR